詳細検索

お知らせ

インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL 3.0」の脆弱性について

インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL 3.0」に脆弱性が発見されたと、一部のメディアで報道が
ありました。お客さまのパソコン(ブラウザ)の設定で、「SSL 3.0」を使用している場合、通信の一部が
第三者に漏えいする可能性があることが判明していますので、ご注意ください。

なお、スマート介護Webは本脆弱性の影響を受けない「SSL 3.0」の次のバージョンである「TLS」に対応
しています。「TLS」をご使用いただくことで、安心してスマート介護Webをご利用いただけます。

ブラウザソフトとしてインターネットエクスプローラーをご利用のお客様におかれましては
設定変更により「SSL 3.0」を無効化することをおすすめします。

■推奨する対処方法
Internet Explorerの設定変更
①Internet Explorerの[ツール]→[インターネット オプション]をクリックします。
②[インターネット オプション]→[詳細設定]タブをクリックします。
③[セキュリティ]の中の、[SSL 3.0を使用する]のチェックをオフにし、[TLS 1.0を使用する]、
[TLS 1.1の使用]、および[TLS 1.2の使用]にチェックします。
④[OK]をクリックします。
⑤終了し、Internet Explorerを再起動します。