詳細検索

ヘッダー画像

検証方法

二酸化塩素ガス(室内濃度0.01ppm)を放出させた25㎡(6畳相当)試験チャンバーに、ウイルスの一種を浮遊させた後攪拌し、180分後に空気中の浮遊ウイルスを捕集し、生存ウイルスを測定しました。 二酸化塩素ガスを放出しない条件(自然元帥、攪拌ファンのみ)で同様に測定した生存ウイルス数を100%とした時のウイルス生存率を求めました (大幸薬品調べ)

検証方法

二酸化塩素ガス( 室内濃度0.01ppm) を放出させた25 ㎥ (6 畳相当)試験チャンバーに、細菌の一種を浮遊させた後攪拌し、120分後に空気中の浮遊菌を捕集し、生存菌数を測定しました。 二酸化塩素ガスを放出しない条件( 自然減衰、攪拌ファンのみ) で同様に測定した生存菌数を100%とした時の細菌生存率を求めました。 (大幸薬品調べ)

検証方法

二酸化塩素ガス発生ゲルを密閉空間(空気9L)に設置し、各臭気物質を設定濃度となるように添加し、所定時間経過後、ガス検知管を用いて各臭気物質を濃度測定しました。コントロールとして空気のみの場合と比較しました。 試験依頼先日本食品分析センター試験成績書発行年月日平成20年9月5日 試験成績書発行番号第508080187-001及び002号

検証方法

二酸化塩素ガス発生ゲルを設置した試験チャンバー(27L)内にカットしたかぼちゃを置き、32日後のカビの繁殖を、二酸化塩素ガス発生ゲルを設置しない条件と比較しました。 (大幸薬品調べ)

◎有効期間のうちで1回ご利用いただけます。
※1施設様につき1回限り有効になります。
◎ ご利用はスマート介護Webのみとなります。ご注文時にクーポンナンバーを入力ください。
◎ クーポン対象商品以外と一緒にご注文いただけます。
◎他の割引との併用はできません。
◎クーポン対象除外商品は下記になります。
・名入れ・オーダー商品 ・みつかるマート商品 ・印刷サービスジョイスル ・お役立ちサポート